どんなネイルの資格を取得しなければいけないか考える

女性の指先を華やかに演出するネイルを生み出すネイリストは、女性の憧れの職業の一つです。
ネイリストになりたいと思ったとき、まず一番に必要なのがネイリストとしての技術と、ネイルの資格です。

 

ネイルの資格といっても日本では、大きく分けて二種類のタイプがあります。
それは、「JNECネイリスト技能検定試験」と「JNAジェルネイル技能検定試験」です。

 

JNECネイリスト技能検定試験は、ネイルサロンで働く上で採用の判断基準としてもよく利用されているため、ネイリストになりたいと考えているのであれば、必ず必要になってくる資格です。
JNECネイリスト技能検定試験の3級はネイルの基礎の部分であり、義務教育を終えていれば誰でも受験をすることができます。
3級で爪の手入れについれなど、ネイルの基礎の部分がしっかり知識・技術として身についていると証明できれば、次に受けていきたいのが2級です。

 

2級では、ネイルサロンでも通用できるような基礎の部分を元に活用された応用的な知識やネイルの技術に関する内容が登場します。
2級を取得することができれば、実質ネイルサロンで勤務しているネイリストと同様の技術を身に着けているという証明をすることができます。
1級まで取得することができればプロの中でも特に技術の高いネイリストであるという証明につながります。